北海寿司:さまざまな種類の

寿司ここ北海寿司で、さまざまな本格的な日本の寿司を探索するチャンスを手に入れましょう!

生または炊き込みの魚、野菜、ご飯を酢で味付けした一品で、世界中の人々が一口で日本料理を体験できる可能性が広がります。

注文する寿司のバリエーションを決めるのに苦労していませんか?心配いりません。ここ北海寿司では、さまざまな種類の寿司と、あなたに最適な寿司のガイドを用意しています。

伝統的な寿司

寿司は、日本国外だけでなく、日本人の間でも最も有名な料理です。以下のさまざまな種類の寿司について説明します。寿司

巻き

「のりまき」とも呼ばれる巻き寿司は、米と材料を海苔に丁寧に巻いて細かく切った寿司の一種です。 

この寿司は、同様の製紙技術で海苔が作られた直後の1700年代初頭に誕生しました。

「のりまき」は、「巻き」を意味する「巻き」と、材料を包むために使用される海苔のトーストシートを指す「のり」の2つの単語に由来します。

まじくし種類は

  • 細巻の、新鮮なマグロ、きゅうり、大根の酢漬けなど、具材が1つだけの細長いロールパンです。 
  • 太巻きは、多くの材料を混ぜ合わせた巻き寿司の濃厚な代替品です。太巻きは寿司屋には出にくいですが、お弁当やスーパーなどでよく見かけます。 
  • とも呼ばれる裏巻きは 「裏返し寿司」、1960年代にカリフォルニアで作成された巻き寿司の現代版です。竹寿司マットの上にご飯を重ね、その上に海苔を敷き、残りの具材を重ねて巻いて作ります。余分な歯ごたえのために、それはゴマで巻かれ、とびこ魚の卵がトッピングされています。

ぐんかんまきぐんかん

通称「巻き寿司」または「巻き寿司」と呼ばれる巻きは、1940年代に銀座寿司店で発明されました。この寿司は、おにぎりの周りに幅の広い海苔を巻き付け、上部にいくつかの材料を置くのに十分なスペースを残して作られています。 

小さな船に似ていることから、「戦艦」または「軍艦」寿司として知られているところもあります。軍艦巻きの一般的なトッピングには、ウニ、イカ、イクラ、ネギトロ(トロの腹とネギのブレンド)、ポテトサラダ、カニミソ(カニの脳のブレンド)があります。 

てまきて

まきは、アイスクリームコーンに似た形の寿司の一種です。ご飯とトッピングは、円錐形に包まれた海苔の中に入れられています。てまきは、梅干し、梅干し、ネギトロ、イカ、甘みオムレツなど、さまざまな具材で作られています。 

Narezushi

また、「寿司の原形」として知られているNarezushiは、発酵魚や米を含みます。この寿司は、ブリ、サバ、アユ、鮒寿司など、さまざまなトッピングと組み合わせることができます。 

にぎり

にぎりは、手で押したおにぎり(しゃり)に、さまざまな具材(ネタ)をのせたものです。 1800年代に江戸で活躍した進取の気性に富んだ寿司職人が「ファーストフード」の一種として考案したと考えられています。トッピングはシーフード、野菜、肉、オムレツ、豆腐で構成されています。ネギ、削ったタマネギ、チャイブなどのマリネと付け合わせの簡単なコーティングを追加することもできます。

Oshizushi

またhakozushi(箱入り寿司)として知られているOshizushi(押し寿司)は、大阪に由来ユニークな形状を有している寿司です。この品種は、材料を「おしわく」の長方形の箱に押し込み、それをトッピングで重ね、寿司を長方形、三角形、小さな正方形などのきちんとした角のある形に切ることによって作られています。トッピングにはサバやギザードシャッドなどの魚が含まれ、竹などの食用の葉と重ねることもできます。トッピングは、魚全体を端から端までさまざまな配置で配置できます。

Sasazushi

Sasazushiは竹の葉の上の山の野菜や魚をトッピング寿司飯で作られています。トッピングには、ヨモギやタケノコ、クルミ、マッシュルーム、味噌、細切りオムレツ、サーモンなど、さまざまな野菜が含まれます。 

柿の葉

すし柿の葉すしは、奈良県産の柿の葉すしです。これは柿(柿)の葉で包まれ、一般的にサーモン、サバ、エビまたはウナギがトッピングされています。葉は抗菌作用で魚を保護するだけでなく、繊細な香りを与えます。 

柿の葉すしは、ご飯の上に鮭やさばを乗せて作るのが一般的で、海老やうなぎなどの具材も使われています。地域を訪れる人々に人気のお土産で、地元のデパートや駅で購入できます。

手まり

手まりは、海外や日本ではあまり知られていない種類の寿司です。魚や他の材料の薄層をトッピングしたプレス米の小さな丸いボールで作られています。その名前は、ハンドボールを意味する「手まり」という言葉に由来し、日本の伝統的な刺繡ボールです。カラフルで装飾的なことが多く、パーティーやピクニックに人気の食べ物であり、「ひなまつり」として知られる伝統的な女の子の日のお祝いのために作られることがよくあります。

ちらし

寿司通称「ちらし寿司」は、鮭、イカ、きゅうり、細切りオムレツ、海老の煮物など、さまざまな具材をのせた丼です。 「海鮮丼」に似ていますが、ちらし寿司は寿司飯を使っているのに対し、海鮮丼は白米を蒸しているだけです。お弁当としてもらったり、具材が豊富なので一人でお召し上がりいただけます。その装飾的でユニークな外観は、お祝いの機会に提供するのに人気があります。

稲荷寿司

稲荷寿司は、魚を一切含まず、甘い味わいで、上記の他の品種とは異なります。稲荷は、みりん、醤油、だし、砂糖の調味料で煮込んだ油揚げのポーチのようなものです。豆腐が好きだったと言われる神様「稲荷」にちなんで名付けられました。

味付けされた稲荷ポーチは、最も一般的には寿司飯のマリネで満たされ、甘くて少し酸っぱくてジューシーな料理を作ります。ただし、稲荷寿司には、きのこ、イカ、エビの煮物、チャイブ、細切りオムレツなど、さまざまな具材を混ぜたり、トッピングしたりすることもできます。稲荷寿司は、その汎用性、作りやすさ、持ち運びに便利で、お弁当だけでなく、ピクニックやパーティーのフィンガーフードとしても人気があります。

伝統的なレシピに楽しいひねりを加えた

これらのタイプの寿司は、楽しく、新鮮で、革新的で、おいしいです。オリジナルレシピに基づいていなくても、きっとあなたのシーフードへの欲求を満足させるでしょう!

カリフォルニアロール

カリフォルニアロールは裏返しの巻き寿司で、外側にご飯があり、内側に海苔があります。通常、アボカド、カニカマ、キュウリ、トビコ(フライングフィッシュロー)で構成されています。

天ぷらロール

天ぷらロールは裏返しの巻き寿司で、外側と海苔の周りに海老の天ぷらが入ったお米の層があります。アボカドやキュウリなどの野菜と提携しています。

スパイシーツナロール

スパイシーツナロールは、外側にご飯を重ね、内側に海苔を敷いた裏返しの巻き寿司です。生マグロを包み、スパイシーなマヨネーズをトッピング。

ドラゴンロール

ドラゴンロールは、外側にご飯を重ねた裏返しの巻き寿司です。通常、エビの天ぷら、アボカド、キュウリ、ゴマで構成されています。ドラゴンロールには、トビコと一緒にアボカドの薄切りがロールの上にあり、スパイシーなマヨネーズとうなぎソースがかけられています。

スパイダーロール

スパイダーロールは、きゅうり、アボカド、大根もやし、レタス、卵、スパイシーなマヨネーズなどを詰めたソフトシェルクラブの揚げ寿司の一種です。

美味しいお寿司をお探しなら、北海寿司がおすすめです。新鮮な食材のみを使用した寿司バーでは、おいしい巻き寿司や刺身などを取り揃えています。注文はすべて新鮮ですので、当店では上質な料理をお楽しみください。ケータリングにも優れた日本料理をご用意しており、次のビジネスランチやイベントにさまざまなフレーバーの組み合わせをお届けします。皆様のお越しを心よりお待ちしております!

当サイトを閲覧して、当海寿司の製品、メニュー、サービスの詳細をご覧ください。お問い合わせ、提案、フィードバックについては、お問い合わせページにアクセスして、お問い合わせ方法をご確認ください。 

Instagram、Twitter、Facebookなどのソーシャルメディアプラットフォームでフォローして、実店舗での新しい料理、プロモーション、割引に関する最新情報を入手することを忘れないでください。ニュースレターを購読して、現在および今後のイベントに関するニュースをすぐに入手することもできます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です