Hokkai Sushi:寿司のすべてを知る

寿司レストランに足を踏み入れて、何をすべきかわからないのは恐ろしいことです。寿司についてもう少し学びたいと思っている人は、ここ北海寿司でいくつかの基本的な質問に答えるのを手伝います!

寿司の歴史

寿司は、8世紀に、内臓の魚を発酵米で包む魚の保存の形として日本で紹介されました。この方法を使用することで、魚を数ヶ月間保管することができましたが、米は捨てられました。 

数十年後、発酵した魚はようやくご飯と一緒に食べられ、「なれずし」と呼ばれる日本の主食になりました。

なれずしは、各地域の特産品に応じて進化しました。大阪ではおしずしが人気を博し、滋賀県は琵琶湖の鮒寿司で有名です。

19世紀には、早ずし、つまり「クイック寿司」が華屋与兵衛によって作成され、今日では「握り寿司」と呼ばれる世界的に知られる寿司になりました。この形の寿司は、1923年に発生した関東地震により、日本全国で人気を博したとされています。その結果、東京の寿司職人は故郷に避難し、そこで寿司文化を広めることができました。

基本的な種類の寿司

寿司は数え切れないほどのバリエーションと形で存在し、各地域はさまざまな魚や料理のスタイルに特化しています。以下は、寿司の基本的なタイプの一部です:

にぎり寿司

にぎり寿司、一般に「江戸駅前」寿司として知られ、 米のマウンドの上に生の魚のスライスを必要とします。

軍艦

巻き「にぎり寿司」と同じように、この寿司は、ご飯の山の上に生の魚をスライスし、海苔を巻き付けたものです。ウニや鮭はしばしば軍艦巻きの形で作られます。

マキ寿司

寿司のこのタイプは、ご飯と海苔で巻いた生の魚で作られ、多くの場合、手で食べています。太巻きと細巻きのように大きさが異なります。

と同様に 巻き寿司「巻き寿司」、生の魚をご飯と海苔で包んだお寿司ですが、通常の円形ではなく三角形になっています。

ちらし寿司

ちらし寿司は、通称「ちらし寿司」と呼ばれ、ご飯の上に生の魚を乗せたものです。本格的なお寿司を安い値段で味わいたい方にぴったりです。 

稲荷

寿司このタイプの寿司はをマリネした 、風味のある揚げ豆腐のポーチの中にご飯ものです。

なれ寿司

これはです 発酵寿司の伝統的な形式。

おし

寿司このお寿司は、 魚とご飯を箱などの型に押し込んだものです。大阪や関西地方で人気です。

刺身

この寿司はの構成され生の魚スライスでており、ご飯はありません。

寿司に最適な調味料は、

寿司主に調味料の3つの異なる種類を食べている:

醤油

A寿司のLLタイプは、一般的に醤油で食べています。醤油を小さな丸い皿に注ぎ、寿司をそこに浸してから食べることができます。

わさび

ほとんどの握り寿司には、わさびまたは「わさび」も付いています。この刺激的な緑色のペーストは、それに少しキックを加えることによって寿司の美味しさを高めます。また、食中毒のリスクを軽減します。 

Shoga

寿司への別の調味料不可欠でshoga(とも呼ばれるガリ)または漬け生姜です。繰り返しになりますが、その辛さは数人以上の人を驚かせますが、わさびのように抗菌性があり、口蓋を浄化するために食べられます。

寿司のエチケット

ここでは、寿司を食べるためのヒントをいくつか紹介します(通常、適切な寿司レストランで食べるときに適用されます)。

  • 過剰な量の香水を入れると、寿司の繊細な味が損なわれるため、寿司を食べるときはこれを避けることを強くお勧めします。
  • 寿司は手か箸で食べられます。
  • 寿司の味が悪くなるので、醤油に漬ける必要はありません。これが起こらないようにするには、寿司を取り、裏返し、魚の3分の1または2分の1を醤油に浸します。
  • ご飯に醤油をかける必要があります。あまりつけすぎないように注意してください。特に軍艦巻きや巻き寿司との相性は抜群です。
  • ぐんかん巻きの調味料は、生姜の酢漬けを醤油に漬け込むのがいかがでしょうか。また、きゅうりのスライスが付いている場合は、全部ではなく醤油につけてから食べる必要があります。
  • 寿司の正しい食べ方はありませんが、マグロやウニなどの風味の強い魚に移る前に、微妙な風味の魚(通常はヒラメやフエダイなどの白い肉)から始めることをお勧めします。自分に合わないと思っても、お寿司を楽しむことができます。
  • 寿司を食べた後、口蓋をクレンジングして口をリフレッシュしたい場合は、しょうがやお茶を飲むのが最善の方法です!これは、握り寿司が最初に導入されたときから始まります。日本の古くは、生の魚の保存方法が発達していなかったため、しょうが、わさび、お茶が重要でした。
  • ご飯と具材の調和のとれた味わいを楽しむには、一口で寿司を食べる必要があります。ただし、苦労している場合は、お米の量を減らしてください。魚とご飯を別々に食べないでください(ちらし寿司を除く)!
  • 特に海苔を使っている人は、お寿司を出したらすぐに食べるべきです。
  • わさびが苦手な方は、お寿司のほとんどがデフォルトでわさびが入っているので、必ず事前に伝えておきましょう。一方、わさびが好きな人はいつでももっと頼むことができます(しょうがと同じ)。
  • 食べる前に「いただきます」、食べた後に「ごちそうさま」と言うのをお忘れなく!

寿司の注文方法

伝統的な日本食レストランでは、従う必要のある基本的なエチケットがありますが、西洋料理のレストランでは、おそらくもっとカジュアルに過ごすことができます。そうは言っても、これらはどちらの状況にも適用できるいくつかのルールです。 

注文寿司を決める方法注文寿司 

  • するするが決まっていないとき求めることをお勧め は、レストランのサーバーに提案をします。質問することを恐れないでください! 
  • 何を注文すればいいのかわからない場合は、シェフにお任せください!これは「おまかせ」スタイルの注文として知られており、シェフが提供するものを完全に制御できます。これは初心者に適しています。結局のところ、シェフほどメニューをよく知っている人はいないのです!あなたが食べているものが安全であることを確実にするためにあなたが食物アレルギーを持っているかどうか彼らに知らせることも重要です。
  • 寿司屋に行くときは、一度に全部ではなく、一度に1つか2つのアイテムを注文する必要があります。そうすれば、気に入らないものを手に入れたら、次に注文するものを変更できます。混ぜて色々な寿司を食べてみてください! 
  • 寿司バーでシェフの近くに座ることを恐れないでください。彼らの近くに座ることは誰もが好むわけではありませんが、寿司レストランでは、家の中で最高の席の1つです。ここでは、シェフが作成しているものと、食事を作るための芸術性を正確に確認できます。また、質問がある場合や推奨事項を探している場合は、シェフと直接連絡を取ることができます。

寿司の食べ方

  • 寿司屋に行くときは、箸を使って寿司を食べて、本格的な日本の体験をすることをお勧めします。特に握りや手巻きの場合は、手を使っても大丈夫です。共有プレートから寿司を拾うときは、箸の後端を使って食べ物をつかみます。 
  • 箸を使わない場合は、セラミック製の箸置きに置くだけです。ホルダーがない場合は、箸の包み紙からその場しのぎのものを折りたたむことができます。
  • 寿司屋に行くときは、コースの合間に生姜のピクルスを食べて、口蓋をきれいにし、消化を助けることをお勧めします。醤油と混ぜたり、寿司と一緒に食べたりしないでください。 
  • 寿司を醤油に浸すときは、魚を横から少し浸します。ご飯はすでに酢で味付けされているので、醤油は必要ありません。 
  • シェフがすでに適量を寿司に塗っているので、寿司屋で食べるときにわさびや醤油を加える必要はありません。とはいえ、特に西欧諸国では、魚に直接わさびを加えるか、醤油に混ぜるのが一般的です。 
  • 寿司屋では、一口で寿司を食べるべきです。一口かもしれませんが、半分に噛んでバラバラにするよりはましです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です